自作ジカリグで根魚を釣る方法

根魚が簡単に釣れてしまうジカリグ(直リグ)。

市販品を買うのもいいけど、作るのが好きなので自作してみました(^^)

ただ簡単過ぎるので、作ったとは言えないかもです(笑)

もちろんちゃんと釣れるので、わざわざ高い市販品を買う必要も無いかと思います。

ジカリグのメリット

  • オモリとフックが直結なので、当たりがわかりやすい
  • オフセットフックなので、根掛かりがしにくい
  • ナスオモリを変えるだけで簡単に重さが変えられる

デメリット

  • テキサスリグと違いフリーフォールだとオモリと垂直に落ちていく事(それでも釣れる時はあるけどね)

ジカリグ作り方

オフセットフックには横アイと縦アイがあります。どっちでも作れるけど、縦アイの方がシンプルにできるしフックにラインを直結できます。

縦アイの場合

今回はデコイの縦アイを使用。

スプリットリングに好きな重さのナスオモリを付けて完成です(^^;

簡単過ぎます。ラインは縦アイに結べばOKです。

横アイの場合

一般的なオフセットは横アイだと思います。作り方はほとんど変わりません。

スプリットリングにスイベル又は溶接リングを付けるだけです。

ワームをつける時のポイント

底のベイト(エビやカニ)をイメージしてバグアンツにしてみました。

魚をイメージするならスイムシュリンプのようなストレートなワームを付けると良いと思います。

付け方のポイントとしては、アイギリギリにしないで少し空ける事です。

ちょっと隙間を作る事で、オモリやスプリットリングがワームに干渉しなくなりますので、ワームがズレにくくなります

横アイでも同じです。

あとはオモリの形状を細い物を使うと重くなっても干渉しにくいです。

ジカリグの使い方

  • 基本動作は着底後リフト&フォール
  • フォールはフリーかテンションフォール(カーブフォール)
  • ただ巻きでのスイミング
  • 根掛かりにくいので、底でステイ
  • 根がきつくなければズル引き

で狙っていきます。

浅場で実釣

水深15m前後の浅場で根が多い所で使ってきました!

オモリはフォールをゆっくりしたかったので、3号(11.25g)にしました。

重すぎると見せたいフォールができなくてドスンと落ちるイメージ。

水深や流れに合わせて、できるだけ軽くした方が釣れるはず。

一緒に行った仲間が、ジグとオーバルテンヤで根掛かる中、全く根掛かる事なくリフト&フォール(テンションフォール)で探ります。

すると、フォールでガッツクような当たりに合わせて、

カサゴゲット!

更に着底後のステイでも釣れました。

その後も根掛かる事なく底を攻め、根魚ゲームを楽しむ事ができました(*´∀`)♪

まとめ

ほとんど根掛かりが無いので根がきつい所でもガンガン攻める事ができます。

テキサスだとオモリを変えるのにラインをカットしなければ変えられませんが、ジカリグの場合は、スプリットリングなので簡単に交換できます。

オモリを変えるだけでフォールスピードや様々な水深にも対応でき選択肢が増えました。

もちろん岸からのキャスティングでも使えます。

簡単に根魚が狙えるので、試してみて下さい(^^)

スポンサーリンク