糸巻のいらない簡単アシストフック(ダブル)

アシストフックを何個も作っていると、糸巻がめんどくさいんですよね。

たしかに糸を巻いた方が強度があるのはわかりますが、近海ならそんな強い強度は要らないです。(大型の青物を狙う時は糸巻品を使ってます)

なので、先日紹介した糸巻不要簡単アシストフックの応用です。

今回はザイロンノットの15号、フックはマルト大鰺20号を使っています。

土肥富のマルト針(大鯵20号)でアシストフックを安く自作

2017.09.16

最初のライン長さは14㎝で切りました。わたしの場合は最終的に3㎝になりました。

※結び方で個人差が出ますので、一度長めで作ってみると把握しやすいです。

ザイロンノットの中糸を抜いて両端を結びます。もう13㎝となりました(^-^;

対象となるようにフックを結び目ギリギリの所に刺します。

ここのポイントと結び方はこちらを見て下さい↓

糸巻不要で簡単なアシストフックの作り方

2018.07.06

結ぶと向きが揃うので、二つ折にしてソリッドリングを取り付けます。

※このリングの結び方でも長さが変わります。

わたしの結び方だど、3㎝となりました。

このリングの結びが曲者で、うまくいけばきれいに対象にできます。が、

失敗すると向きが一緒になってしまいます。結び方の個人差もあるので何通りかやってみて下さい。

わたしは最初何回やっても同じ向きになってかなり苦戦しました(^-^;

どうしてもうまくいかない場合は、リング無しで縛るだけなら簡単にできますよ。

慣れると一個5分掛からないくらいで作れます。これなら大量に作ってても嫌にならないです。

後日の釣行でワラサですが、問題なく上げれました!強度は十分だと思います。量産確定です!

 

スポンサーリンク