鯛ジグ用にラバーアシストフックを作ってみた

真鯛の乗っこみシーズンに向けてジグ用のアシストフックを作ってみました。

この時期はタイラバが好調みたいなので、ラバーを使って作ってみました。タイラバを使えばと言われそうですが、ジグで釣りたいんですよね。以前自作タイラバも作ってみたけど、やっぱりジグが好きだからほとんど使わなかったな(;^ω^)

鯛ラバフックを自作してみました

2017.05.21

鯛ラバスカートを自作してみました

2017.04.18

使った道具

紅牙のラバースカートとシーハンター15号(柔らか青ライン)、環つきフック15号です。

最近は簡単に作れる環つきばかりですね。

作り方

環つきフックに通しにくい場合は細いラインを使うと簡単に通せます。

穴の大きさにもよりますが、15号くらいなら力を入れて引っ張らなくても大丈夫でした。

フックの片側がもじゃもじゃになってるのはカッターが切れなくてなってしまいました。めんどくさがらずに準備すればよかったです(-_-;)

環付きフックの結び方はこちらを参照。

アシストフックで使うシーハンターをキレイに切るハサミはこれ

2018.09.06

小型ジグに最適 簡単すぎるアシストフックの作り方

2018.09.04

長さはラバースカートの真ん中くらいにくるような長さにしました。

長さに余裕があれば八の字結びが真っすぐになって良いと思います。今回は長さが短かったので通常の結びです。

輪の中にラバーを通してから締め込みます。

超簡単に完成しました。

微妙に長さを変えて4種類作ってみました。

取り付け方

鯛ジギングにも使える安い投次郎に付けて、タイラバみたいにただ巻きで使ってみたいと思います。

釣れそうじゃないですか?

今度試してきます(*´∀`)♪

早く釣りに行きたい。

スポンサーリンク