ティップランを始めるなら仮面シンカーがおすすめ

ティップランをやってみたいけど、お金がなくて揃えるの無理!

って人は多いですよね。わたしもそうです。

そんな人にオススメなアイテムが「仮面シンカー」です。

仮面シンカーにも色々あるんですがわたしの使っている2つを紹介します。

ダイワの仮面シンカー

このシンカーはサイズも豊富でエギに取り付けるだけで1~15g程度加重できます。

ティップランではないですが、風が強い日とか水深があるような所でもう少し重さが欲しい時に役立ちます。

糸オモリを巻くのもありですが、この方が何g追加したかわかりやすくていいですし、ずれにくいので安定します。

装着するとこんな感じになります。

ダイワはもちろんエギ王にも取り付け可能です。

ただアイが上についているエギはダメな場合もあるので注意してください。スリットが少し入っているのでアイが大きい物はつけられそうでした。

ヤマシタ仮面シンカー

今回の釣行で使った仮面シンカーはこれ。

今は売ってないヤマシタの仮面シンカーです。

わたし的には結構気に入ってるんですが、廃盤となりました。

多分使えるエギが限られ過ぎるから需要がないのかな?

使えるエギはエギ王の2.5号と3号と先端が尖ってるエギしか使えません(^_^;)

シンカーが変わった形やアイが上向き、先端が太めのエギには装着不可なんです。

2.5号と3号しか使わないから問題はないんだが・・・

そこで最近ではある程度のエギが装着できるように内面のサイズをアップした仮面シンカーが売ってます。

ヤマシタ エギ王 TRシンカー

効果は同じなので無くなった時用に持ってます。(若干ステイ姿勢に違いがあるが問題ないと思う)

装着するとこんな感じになります。

2.5号と3号の比較

内面が大きくなってる分少し隙間(遊び)があるのでカタカタ動きます。

それを付属の輪ゴム?でシンカーと固定して動きを抑える仕組みです。

ちなみに取り付ける時はエギのシンカーに引っ掛けてから装着するとやりやすいです。

まとめ

仮面シンカーの良い所は重さを揃えれば、エギはいつも岸釣りで使ってるエギで大丈夫なので、専用エギが大量になくてもティップランを楽しむ事ができますよ。

しかも2.5号等、小さいエギにも自由につけられるので子アオリも抱きやすいです。意外とこれが有効な時があるんですよね。

後タックルは専用ロッドが良いのはもちろんですが、個人的にはタイラバロッドでベイトリールがやりやすいと思ってます。

特にカウンター付きとか水深や流され方がわかって楽しくなりますよ。

ティップラン専用エギを1つだけ買うならシマノのアントラージュ(紫)が釣れるのでオススメします。

これからサイズも上がってきてアオリイカが楽しい時期になります。

みんなで「ぐぃんぐぃん」を楽しみましょう(^-^)

タイラバロッドでティップランエギング

2020年10月23日

2020年初ボートエギング釣行

2020年9月5日

スポンサーリンク