エリアトラウトで使うタモって何がいいの?

管釣りを始めてから色々なタモを使ってみました。

最終的にはプロックスのタモに落ち着きました?が、それまでの経緯を書いてみました。

始めた頃はたまに(冬限定)しか行かないので、レンタルのタモでやってましたが、有料の場合もあるし、ボロボロのタモの時もあるので自分専用が欲しくなりました。

色んなタモを使ってみて思考の変化

わたしの管理釣り場のタモのイメージが小さくて取り回しの良いタモ、だったので

(左はレンタルたも)

小さめのラバーネットにショートグリップを付けて使ってました。

もちろん小さいニジマスは問題なく使えてました。

このサイズ良いな。って事でメバルにも使えるダイワのランディングネットを買ったんですが、数回使っただけでどこかに忘れて無くなってしまうボンミス。

と同時に使えるんだけど、タモ入れする時にバラす事が多いなぁって不満を感じてきます。これは腕もあるのですが・・・物のせいにしたい(笑)

で、次に使ったのがライトゲームで使ってるショートのランディングシャフト。

これを状況に応じて1段階伸ばして使ってましたが、長いのはいいけど回るし使いにくい。

で次はこれ。

船のギャフに使うやつです(笑)

ネット小ささとシャフトの太さのギャップ!

縮まないから持ち歩きが恥ずかしい(/-\*)

長くてかなり使いやすいんだけど数回でやめました。グリップ太いし

タモは長い方が使いやすいなぁって思ってたどり着いたのがプロックスの

短く収納できて持ち運びもスマートだし、

長さもあるのでランディングもしやすい!

40cmくらいなら楽々入るし、深さもあるので暴れられても安心できます。

悩んで色々試したけど、最初から専用のタモを買ってれば最初から快適にできたのにね・・・(^-^;

大は小を兼ねる

ただ大物も視野に入れるとワンサイズ大きい19型にした方が間違いないです。

初めはこんな大物釣れると思ってなかったので小さい方にしましたが後悔してます。

なので最初からデカイネットを買うのをオススメします。

結局、最後は大きいタモになると思います(^-^)

スポンサーリンク