川魚のような細かい鱗を簡単に落とす便利アイテム

この前の菅釣りで釣った魚をさばいた時に、鱗が落としにくかったのでもっと良い方法がないか試してみました。

この2匹を持ち帰ってきたので、さばく準備として鱗を落とします。

簡単に落とす方法

見ての通りニジマスは鱗が細かいです。

いつもはこの鱗落としや包丁の背の部分を使っていますが、これだとなかなか鱗が取れてくれないし、細かい所がおとしにくくくて大変でした。

たぶん鱗が小さいから引っ掛かりにくいんだと思います。

そこで今回使うのは

この金属たわし(ステンレス)です。

もう何回か使っているので形が少し崩れてます(笑)

このモジャモジャのたわしが鱗に引っ掛かりやすくて面白いように取れます。

柔らかいので細かいところも取りやすいです。

なかなか鱗が取れなくて時間が掛かっていてんですが、短時間で終わりました。

しかもしっかりと取れたので、さばく時に鱗が気にならなそうです。いつもだとさばく時に取り残した鱗が気になってました(^^;

不満なところ

問題は使い終わった金属たわしです。

見た目じゃわからないですが、鱗が内部に入ってると思います。

もともとこのタイプのたわしは内部に物が挟まるので最近ではあまり使われなくなってきているそうです。

なのでわたしは魚の鱗落とし専用にしてます。

100金にもあるので使い捨てでもよさそうですね。

まとめ

金属たわしの管理がちょっと嫌ですけど、細かい鱗の魚にはかなり便利だったのでぜひ試してみて下さい。

スポンサーリンク