寺泊沖に泳がせと根魚狙い

どもこばです。

久しぶりに寺泊沖に行って来ました(^^)

前日の仕事やら家事やらで準備が完璧にできなかったので、色々と忘れ物が・・・

デジカメ忘れた(-_-)

なので、今回はスマホです。

朝焼けを見ながら出船

朝4時うっすらと明るくなってくる頃に出発します。

まずは泳がせ用の鯵の確保をしないとなので、沖堤周辺でサビキで鯵探し。

魚探にはベイトの反応がすごい。

早速サビキを落としてみる。

・・・釣れないよ。

周りを見ると水面にもパシャパシャ。

3cmくらいの稚鮎が大量にいます。

移動してもこれしかいないし。

鯵もイナダもいないし。

朝一のいい時間がもったいないから泳がせ用の鯵は諦めて深場へ移動です。

船を走らせててもわかるようにベタ凪ぎ微風でした。予報だともうちょい風が出るはず。

40mライン

さっきのベイトっ気は全く無くなり、底にたまーに反応があるくらい。

船はほとんど流れないので、ピンポイントで狙います。

すると、仲間の竿が曲がり

40cmくらいのキジハタが!

そして南蛮エビでテンヤをやってた、これまた仲間の竿が曲がり

ウマヅラハギ!

まぁわたしの竿はまっすぐ伸びたままですが。

今日は天気が良くて守門岳と粟ヶ岳が見えました。

泳がせは餌がないので、念のために買ってきたイソメを房掛けにして、何かしら釣れてくれればと、落としました(^^;

仕掛けはイソメ真鯛用ですね。

底を取ってほったらかし(笑)

隣でジグをキャストしてました。

すると、イソメロッドのティップが入り向こう合わせ。

ベラが釣れた(^_^;)

そんな後ろで仲間がまたウマヅラハギ(笑)

ん~~釣れない。

風も潮も動かず、暑いし厳しい。

20gで底が取れるってのもやばい。

思いきって浅場に移動!

20mライン

場所によっては朝のような大量の稚鮎がいたので、ジグをキャストして狙います。

リフト&フォールでスローに誘っていると、ガツンと

やっとナイスなキジハタが釣れました(*´∀`)♪

極小ベイトを吐き出しました。

この前作ったシラスアシストフックが効いたか。

極小ベイト対策にシラスアシストフックを自作

2018.07.11

ちなみに縛りは巻き糸無しアシストフックです。すっぽ抜けば無かった(途中で根掛かりしてリーダー切れでロスト)

糸巻不要で簡単なアシストフックの作り方

2018.07.06

ビックなシマフグもヒット!

カサゴ。

メバル!

ベイトがいる所には魚が着いてますね。

仲間もテンヤでチビキジハタやカサゴが多数ヒット!

小さいやつとカサゴはリリースしました。

当たりも無くなり、暑さもピーク。ソバを食べながら

こんな空との境目がわからないくらい静かな海を眺めてます(^^;

ベイトも散っていなくなり、予報も外れ風も出ないので終了です。

てか暑さに耐えられないし飲み物が無くなったし(笑)

キジハタも模様が違ったので、調べてみたら、上がキジハタ、下がノミノクチみたいです。

堤防も誰も釣りしてない。

さすがにこの暑さじゃ無理だな。

メバルとキジハタだけお持ち帰り。

刺身で美味しくいただきました(^^)

振り返り

今年はベイトはいるけど、青物がいません(少ない)ね。

鯵が確保できれば泳がせ釣りができたけど、結局船が流れなかったから釣れなかったかな。

イソメもほぼ無反応だったし、厳しい釣行でした。

暑さ逃れで夜のイカ釣りでも行きますかねー(*´∀`)♪

スポンサーリンク