【秋の海】ヒラマサ狙いのジギング釣行

ジギングでヒラマサが釣れだした話しを聞いたのでさっそく行ってきました。

世間では4連休ですが、わたしは仕事(-_-;)

前日は朝~夜まで仕事で、少しだけ寝て、朝4時起き(-_\)

そして昼から仕事・・・

5時に集合して5時半に出発。

今日のタックル

タックル①

テンリュウ  ジグザム ディープライダー JDR581S-4K(スピニングモデル) シマノ ツインパワーSW (6000HG) /2015年モデル/ よつあみ X8 300m 2.5号 45lb ダイワ ディーフロン船ハリス 12号 200m

タックル②

テンリュウ ホライゾン LJ HLJ611S−FM

17ツインパワー XD 4000XG

よつあみ X8 1.2号 25lb 300m ダイワ ディーフロン船ハリス 8号 200m

荒れてる水深60m

6時過ぎにポイントに到着。

予報よりウネリがあって1.5mはありそう・・・

風も強めで流されるのも早いです。

なので、200gのジグからスタートしました。

流されるけど潮はあまり効いてない感じで、楽々底取りができるのでライトロッドに持ちかえて100g前後に変更。

200gは体力が持たない(^_^;)

流されるのが早く、反応があったポイントも一瞬で過ぎるのでこまめに戻して狙いました。

ワンピッチを繰り返し、少し長めに止めた瞬間に

「コツン」

合わせるとジーー ドラグが鳴り

ウネリに苦戦しながら上がってきたのは

丸々とした刃ガツオ(^-^)

ヒットルアーは信頼のガミー110

その後も同じラインを何回か流すも釣れたのはこの1本だけ。

あまり反応がないので、大きく移動しました。

深さは同じ60m。

反応はあまりないのでとにかく魚はいると信じてしゃくり続けました。

少し風が弱まってきたのでジグを軽くしシルエットも小さく見せるために細身の95gにしました。

ひたすらしゃくり続けるも無反応。

それでもやめずに続ける。

着底から数mしゃくった所でついにヒット!

真下に突っ込むような引きで真鯛かなぁ

しかもけっこう良いサイズだからこれはバラシたくない!

ウネリでテンションが緩まないように慎重にやりとりして見えてきた青い魚。

真鯛じゃなくてヒラマサでした(*≧∇≦)ノ

しかも自己記録の78cm。

嬉しくて写真撮ったり、絞めていたらガッツリ船酔いしてしまい吐くギリギリ(>_<“)

眠くなるから使いたくなかったけど、さすがに辛かったので酔い止め飲みました。

ちなみに腹の中には10cmくらいの鰯が入ってました。ベイトはいるみたいなので群れに当たればまだチャンスはありそう。

しばらく遠くを眺めて船酔いは少しだけ回復。ただウネリは変わらないので下を向くとダメです(^-^;釣りをしてた方が紛れるだろうと釣り再開です。

あい変わらず反応がない時間が続きますが、鰯が回遊してると信じてしゃくりました。

底でヒット。信じてしゃくり続けたかいがありました(^-^)

その後、中層で釣りたかったデカサワラ!刃魚の切れ味は半端ないです。アシストフックが1本切られてもう1本もボロボロでした。

タチウオの歯はどれくらい切れるのか?試してみた

2019年11月6日

ウネリと風が落ち着いてきてからはやたらとエソが釣れ出し、もう少し粘りたいけど昼から仕事なので11時に沖上がりになりました。

片付けてそのまま仕事へ・・・かなりしんどかったです・・無理し過ぎました(笑)

でも念願のヒラマサも釣れたし楽しい釣行でした。やっと秋らしくなってきましたね!

どの刺身も美味しかったけど、やっぱりヒラマサ、シメサワラが絶品でした。

また行ってきます。

アネロンは眠くなり過ぎるので、中間のトラベルミンがちょうどいいですよ。

スポンサーリンク