【ライトロッドでジギング釣行】イナダ~の

2019/12/11

この時期もう船は出れないと思ってたけど、ちょうど休みが晴れて出れそうな海だったので行ってきました。

朝5時、最近ジギング用のアシストフックを作ってなかったから予備がないので、岸で買っていく事に。ついでにタイラバのラバーも追加したい。

なんて思ってたらまさかの開いてないんですけど(*_*)

5時からのはずなのに。

他の客も待ちぼうけ。

5時半まで待ってみたけど開く気配がないので諦めました。

海の状況を見てから出港

明るくなるのを待って出港。

波はないけどウネリが残ってて釣りにくい。

しかも酔いそうで久しぶりに酔い止めに頼りました(^o^;)

イナダからの

水深60m。魚探に反応はないけど、雰囲気は釣れそうなので、頑張ってジグをしゃくります。

数流し目、

ワンピッチの速度を変えながら誘ってると中層で「ガツン」

50ちょいのイナダでした。

ベイトは映らないけど、魚はいるみたい。

同じ感じでもう一匹追加。

タイラバに変えてマダイ狙いでキジハタとエソ。

青物狙いの方が良さそうなので、またジギングに戻してしゃくってると

 

 

「ガツン❗」ジィーーーーーー

 

ジィーーーーーー

 

リールが巻けない。でかそう(;゚д゚)

ジィーーーーーー

 

中層で掛けて30mくらい走られたからほぼ底くらい。

やっと少しずつ巻けるようになってきて、できるだけテンションを変えないように寄せてきます。

寄せては走られを繰り返し魚体が見えてきました!これはデカイ!

タモ入れまで気を抜かず集中、心臓はバクバク。

しかもなかなかタモに入らなくてもたついたけど、なんとか無事ネットイン。

ナイス体高のブリでした\(^-^)/

自己記録96cm。計りを持ってこなかったから重量は計れず残念。

さっき釣ったイナダが小さく見えます(笑)

ライトジギングでもあげられるもんですね。PE1.2号にフロロ8号。ラインの心配より

投次郎50gについてたフックがもっと心配でした(笑)伸びながらも良くもってくれました(^^;

もうちょっと走られたり、ラインテンション緩んだりしたらきっと抜けてましたね。

 

その後は当たりも無くなってきたので大きく移動。

底にベイトの反応を見つけたので底付近をネチネチやってた仲間のロッドが曲がって

ナイスサイズのヒラメでした。

表層にナブラがそこら中で発生しだしたのでキャストして狙うとワカシ。

朝のウネリもすっかり無くなって湖みたいになったから、港に戻りながらタイラバでマダイ狙いに変更。

まったりとタイラバ

とくにポイントじゃないけど途中の良さそうな潮目で落としてみると

「ガツガツガツ」

一落とし目でレンコダイ。

二落とし目、マキマキ

「ガツガツガツ」ジーー

グンッグンッグンッとマダイ特有の引き。

本命のマダイ!

仲間も同型のマダイゲットして

さらに甘鯛

キジハタにレンコダイと短時間でパタパタと釣れてくれました(^^)

こんな当たり日めったにないので楽しめました。

ブリとマダイは脂がのってて旨かった( ´∀`)

最高の釣り納め(船)になりました。

最後はシーバス釣って締めたいところです。

今日のタックル

ジギング

タイラバ

ヒットジグ

スポンサーリンク